愛媛FC 『姿勢』

愛媛FC 『姿勢』

愛媛 3-4-3システム(ドイス(2)ボランチ.システム)

愛媛FC

FW.     丹羽.

FW. 河原.    近藤.

MF 白井  小島 藤田  近藤

DF. 浦田. 西岡. 林堂.

GK.    朴

2017年6月11日(日)J2リーグ第18節が開催された。

愛媛 2対0 岐阜で勝利する。

【姿勢】

圧倒的。まさに圧倒的であった。

それは岐阜のショートパスを多用した前への推進力である。岐阜は4-3-3システムであるが、両CBセンターバックとアンカーの庄司を起点としロングボールを蹴りこまずサイドからショートパスとドリブルで攻撃を展開してきた。

特に両ウイングと両SBサイドバックに技術とスピードのある選手を配置し、その推進力と突破力は圧巻と言えた。

その高いポゼッション力とパスをつなぐ力に愛媛の最終ディフェンスラインはペナルティーエリア内に押しこまれる事が多かった。愛媛のゴールポスト、ゴールバーに被弾したシュート、岐阜CFセンターフォワード難波がフリーで抜け出したシュート等を含めて、5回の決定的な機会を作られ1失点すると大量失点の雰囲気すら漂う不穏な前半であった。GK朴のビッグセーブ、ゴールポストに助けられた運もあったが最終ディフェンスラインを崩されながらもチーム一丸となったディフェンスで凌ぎきった事が大きいと言えた前半であった。

後半に入ると愛媛も攻勢に出始める。縦へのロングボールを入れ愛媛右WBウイングバック.小池を走らせ岐阜最終ディフェンスラインの裏を狙わせる。

徐々に最終ディフェンスラインが下がり始め、3ラインが少し間延びしプレスが緩くなり始める岐阜。

後半12分に流れが一変する。岐阜最終ディフェンスラインの横パスをインターセプト(ボール奪取)した愛媛CF丹羽が岐阜GKとの一対一を落ち着いて決め先制点をあげる。

以下については割愛する。

愛媛 2対0 岐阜で勝利する。

前半の岐阜の猛攻を無失点で凌ぎきれた事が大きかった。この流れの中で先に先制し後半も無失点でに抑え完封出来た事は自信になると思われる。

大卒一年目の期待の若手CF丹羽が先制決勝ゴールをあげた事は非常に大きい。

チーム全員での全員攻撃、全員守備が体現された素晴らしい試合であった。

岐阜がポゼッション、パスサッカーを志向しながらも両サイドにウイングを配置し攻撃的な仕掛けをし、それに対して愛媛も両WBウイングバック.の白井、小池も積極的な攻め上がりをみせ見所、面白さのあった試合であった。

愛媛左サイドの白井と岐阜山田の一対一は非常に見ごたえがあった。

ここ2010年以降は、年々、3-4-3システムを採用するチームが増えシャドーストライカーと呼ばれる役割を持ったプレーヤーが増えて来ているが、4-3-3システムで純粋なウイングを配置しているチームが珍しく、その攻撃的な姿勢は称賛される。

両チームの素晴らしい闘いに感銘を受けた。

広告を非表示にする